AKAMIMI’s fishing diary

AKAMIMIが綴る北海道の釣りブログです。

夏イカ初戦は岩内港

2024年7月16日

情報が少なかった夏のマイカですが、少しづつ釣果情報が入ってきました。
でも、数・型ともあまり芳しくないようです。(~_~;)

今回は釣れなくてもいいや、という気持ちで岩内港にイカ狙いで行ってみました。(俗に言う偵察です、f^_^;)

長い西防波堤を歩いて中間付近に釣座を構えました。


今日は浮釣りとエギングの二刀流でイカを狙ってみます。
19時開始も3メートルほどの風が正面から吹いていて投擲距離が出ません。

エギングは手前のテトラ越しに繁茂している海藻が邪魔をして釣りにくい状況です。
風はこの後おさまる予報なので、まずは距離が稼げる浮釣りに絞ってイカを狙ってみます。

波間にぷかぷかと浮かぶウキ、
全く反応がないまま2時間、イカが居れば何らかの反応があるはずですが無反応の状況が続きます。

イカ狙いの釣り師はわたしを含め3人ほどでしょうか、
お互い距離があるので釣果のほどは確認できませんが、ウキの動きを見る限りでは、たぶん釣れていない雰囲気です。

21時を回った頃には、風もおさまり良い条件になってきました。
回収したウキの餌巻きを確認すると、イカの噛み跡が数箇所。
イカはいるようですが、ウキには反応がないところを見ると活性が低いのか・・・

ここでエギングに切り替えてみます。
一投目からイカの手応え、

小さいけど居ましたね。
なんかマメイカみたいなサイズです。f^_^;

その後もエギングの反応良く、立て続けに小さなイカが続きます。
このまま調子良く釣れ続けるかと思いきや、あっという間に息切れで4杯で終了。
今回使ったエギは「Marushinエサ巻スッテMINI、春のマメイカ戦から使い続けているお気に入りのエギです。

10時を回るとエギングにも反応がなくなりました。
この後11時まで頑張ってみましたが、追加なく終了です。
浮き釣りは全くダメでした。

帰宅後この小さいイカがどうしようか悩みます。
刺身には小さすぎるし、煮付けにしようかとも思いましたが、今回は塩辛にしてみました。

ゴロを取って、中骨を外して適当な大きさに刻み軽く塩を振って1時間ほど寝かせます。

イカの身とゴロを併せて、醤油と一味で味付けし完成。

ゴロが小さくて旨味があまり出ませんでしたが、釣りたての新鮮なイカですから旨いです。^_^

夏イカは今がシーズン真っ盛りのはずなんですが、イカの不漁もあって今年は盛り上がらないかもしれませんね。
ちなみにこの日は、沖には漁火は一つもともっていませんでした。



↓このイカを触ると貴方は大漁かも(^_^;)
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

AKAMIMI's diary - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


北海道釣行記ランキング

水中映像からシャコの釣り方を考える

前回の石狩新港シャコ釣りの時に水中カメラを投げ込んで海底の様子を撮影してみました。
これまでも何度かカメラを投げ込んで撮影していましたが、海水の濁りが酷くまともな映像を撮る事ができませんでした。


今回は比較的透明度が高かったこともあって、狙いのシャコの映像の撮影に成功です。^_^
とは言っても、泥底の海底ですから多少の濁りがあり、また水深が9メートルと深いこともあって不鮮明な映像です。


今回撮影した映像の一部を簡単に紹介
カメラを投げ込んで着底前の映像には、シャコの巣穴と思われら穴が多数確認できました。

場所によっては巣穴がまったくない所もありましたから、釣果のあったポイントに近い場所を攻めるのが数を上げるコツと思います。
シャコが乗らない時は、少しづつさびいて巣穴のあるポイントを探ると良いかもしれません。


こちらは巣穴から顔を出しているシャコの映像です。

シャコは巣穴から触角を出して匂いで餌や敵の
存在などを探知しているようです。
二つある触角のうち長い、第1触角を高く上げて、時に激しく触角を動かしているシャコの姿を捉える事ができました。
濁りのある海中では視界が制限されるけど、匂いはかなりの距離まで届くようです。
この映像を見るとシャコをたくさん釣るヒントは匂いにあるかも、そう感じる映像でした。


こちらは、巣穴から出てエサのイソメを啄んでいるシャコの映像です。

エサを探知したシャコは、一気に餌に飛びつくようです。
シャコは餌を捉えると巣穴に戻って餌を食べると言われていますが、この映像ではその場で餌を食べていました。f^_^;
餌を咥えて動いてくれれば竿に僅かなアタリが出ますが、今回のようにその場で餌を啄まれるとアタリは出ません。
アタリがないのにシャコが乗っている時がありますが、今回のようなパターンなのでしょうね。^_^


今回撮影した動画をYouTubeで公開しています。
興味のある方は、是非ご視聴ください。
3分弱の短い動画に編集していますが、シャコ釣りで大漁するためのヒントが見つかるかもしれませんよ。^_^
youtu.be


↓このシャコを触ると貴方は大漁かも、(^_^;)
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

AKAMIMI's diary - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


北海道釣行記ランキング

石狩新港の2024シャコ第3戦(水中画像有)

2024年7月12日

7月も中旬になりますが、今年の夏は思ったほど暑くないですね。(^_^;)
暑くなるのはこれからなのかな、

この日は釣りに行く予定ではなかったのですが、最近気持ちが悶々とする事があり、落ち着かないので気を紛らすために釣りに出た次第です。(´Д` )

釣り場はいつもの石狩新港樽川護岸

前回の教訓から17時と早めのスタート、バラシが多かった仕掛けを新品に交換してシャコに挑みます。

わたしの使っている仕掛けはこちら、

ハヤブサの「シャコ仕掛け」
2タイプありますが、左の仕掛けの方がシャコの乗りが良い気がします。
わたしは左の仕掛けを連結し2本針仕様にして使ってます。(^_^;)
釣具店で買うよりネットで買った方がちょっと安いですよ。

話しは逸れますが、以前ハヤブサが運営する「WEBマガジン HEAT」のライターとしの依頼をいただいた事があります。
https://heat-hayabusa.com/
わたしはライターなどという器でもないし、自由に好きなことをブログに書いてる方が性に合っているので辞退したのですが、f^_^;

「WEBマガジン HEAT」では、今も一般ライターを募集していますので、興味のある方は応募してみてはいかがでしょうか、^_^
https://heat-hayabusa.com/writer/


話がわき道に逸れましたが、ここからが本題の釣りの話です。f^_^;

この日は北西の風がやや強く、海面が波たってましたが、護岸の海藻がはっきり見えるので海水の透明度は高い感じでした。
これがどう影響するかな、(^^;;

開始早々、餌取りのハゼです。

明るい時間帯は、ハゼがうるさいです。
シャコはもう少し暗くなってからかな、
なんて思ってたら、お隣さんは連発でシャコを上げてます。f^_^;
柔らかいグラスロッドを使ってましたからアタリが取りやすいのかな・・・

今日は海水の透明度が高いようですから水中カメラを投げ込んで海の中を覗いてみました。
透明度が高いと言っても海底は泥底の土質なので、いつも濁ってるのが石狩新港ですけどね。f^_^;

これわかるかな、
巣穴から顔を出してるシャコだと思います。
餌のイソメには見向きもしません、(/ _ ; )

こちらは、はっきりとシャコとわかる映像です。
巣穴から出てきてエサのイソメに食い付いてます。

濁りがあるので画像は鮮明ではありませんが、まさかのシャコの映像が撮れてました。
これは、また時間のある時に動画を編集してお見せできればと思ってます。

18時を回った頃からわたしの竿にもシャコのアタリが出てきましたよ。^_^


やはりこの時間帯は釣れますね。
このままツ抜けまで突っ走りたいところですが、20時を回った頃から沈黙です。

辞めて温泉でも行こうかな・・でも餌余ってるしもう少し頑張ってみます。

餌をつけては投げ返す作業のような釣りが続いてましたが、22時を回ったところで2匹上がりました。

シャコは夜釣りで釣るのが定石だと思ってたけど、今年の夜は釣れないね。(^^;;
参考までに今回シャコが釣れた時間帯
18時台 : 2匹
19時台 : 4匹
20時台 : 0匹
21時台 : 0匹
22時台 : 2匹
23時台 : 0匹
夜釣りは壊滅的状態

今回も24時まで頑張りましたが8匹で終了。
ツ抜けの道は険しいです。

ところで悶々とした気持ちは治ったのかって、
ははは、釣りしてる間も悶々としてました。f^_^;
なんて言うかな、
「叶わぬ恋をしている」そんな気持ちなんです。
恋はしてないですよ、気持ちを表現したまでですから勘違いしないでね。笑

追伸 : シャコの水中映像の動画(YouTube)は16日0時公開予定です、^_^


↓このシャコを触ると貴方は大漁かも、(^_^;)
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

AKAMIMI's diary - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


北海道釣行記ランキング

石狩新港の2024シャコ第2戦

2024年7月10日

そろそろ夏イカ良い頃かな・・・
しかしイカ🦑が釣れたという情報が入ってきません。

そんな時に舞い込んできたニュース。
函館の6月のスルメイカ漁は19トンと過去最低。
海水温の上昇が影響しているようで、イカも小ぶりなものが多いと、

沖合に居ないのでは期待できないかな、(^_^;)

最近釣れない釣りが続いてますから、ここは心機一転を図るべく、釣れる釣りに行ってみましょう。

ターゲットは、旬の石狩新港のシャコです。
7月に入って徐々に釣果が上向いてきているようで日中でも数が出るようになってきました。

わたしは、暑い💦時間帯の釣りは苦手なので夜釣り専門です。
ちょうど樽川護岸で準備している時に、釣りを終えて帰る年配の方とお話をしました。
手にはビニール袋に入ったシャコが9匹。

あと1匹が釣れなくて辛抱たまらず帰るのだとか・・
これから良い時間帯なのに、もうちょっと頑張ればツ抜けは達成できそうですけどね、σ(^_^;)

日中であれだけ釣れれば夜釣りはかなり期待できそうです。

19時戦闘開始。( ̄^ ̄)ゞ
風もなくベタ凪の海、中潮で満潮17:04
多少の濁りが入っていて、シャコの活性は高いと思われます。
餌は生イソメと特製塩イソメ、イカの在庫なく、餌取りに負けないよう手返し勝負します。

一投目から小さなアタリ、

幸先良いスタート。
その後も連続で調子良く乗ってきます。
これならもう少し早めに開始しても良かったかな、(^_^;)

釣ったシャコは活かして持ち帰るためスカリに入れておきます。

わたしが使っているスカリは「DRESSフローティングスカリ」
スカリは円形の蛇腹式の物が一般的ですが、このスカリは折り畳みができるので携行に便利です。

水深の浅いところでも使えるのも良いところ、^_^
見た目もおしゃれでカッコいいです。^_^

いきなり調子良くスタートしましたが、20時を回ると熱が冷めたように乗りが悪くなりました。
乗ったと思ったら、直ぐに軽くなるそんな事が数回。
リサイクルして使ってる仕掛けなので、針の刺さりが悪くなっているのかもしれません、(^^;;

そんな状況の中、竿尻の上がるアタリが数回。
針がかりはしなかったけど、いったい何者じゃ。
これがシャコなら尺越えですよ。笑

そして21時を回った頃からは、完全にアタリが止まりました。
餌取りは元気なようで10分も放置すると餌は綺麗になくなっています。

ツ抜けを目標に頑張りましたが、0時タイムアップで終了です。

参考までにシャコが釣れた時間帯
19時台 : 4匹
20時台 : 2匹、バラシ3
21時台 : 0匹、バラシ1
22時台 : 1匹
23時台 : 0匹、バラシ1
これだけバラスようなら仕掛けを新品に変えた方がいいですね。f^_^;

本日の釣果7匹

帰宅後、直ぐに塩茹で、

わたしは1500ccに対して45g、塩分濃度3%で8分程度茹でています。

3%だと塩っぱく感じる方もいるかもしれせんので、お好みで調整してみてください。
茹で時間も柔らかめな身が好みの方は短く、硬めの身が好きな方は長めにすると良いと思います。

石狩の旬のシャコ釣り、今がシーズンです。ぜひ挑戦してみてください。
暑い日中を避けて釣りをするなら、18時から21時までが楽しめる時間帯かな、^_^


↓このシャコを触ると貴方は大漁かも、(^_^;)
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

AKAMIMI's diary - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


北海道釣行記ランキング

噴火湾でヒラメを狙ってみた 2nd

2024年7月9日

今年はヒラメのアタリ年と言っても良いくらい釣れてましたが、夏枯れのシーズンに入り釣果が急降下しているそんな印象を感じてます。

そんな中でも釣る人は釣りますけどね、f^_^;

今回も噴火湾方面にヒラメ狙いで行ってきました。
入釣場所はヒラメの実績場、豊浦大岸海岸です。

今回は「癒しの投げ釣り日記」のまさおさんのリクエストに答えて茶津崎東側のサーフで振ってみました。


天気は曇りベタ凪で、潮回りは中潮 満潮が4時06分、ここの水深は70メートル付近で2メートルほどです。

3時半頃からやってますが、まったく反応がありません。
ワーム、ジグとこまめに交換して反応をみますが、どれもノータッチ。

見える範囲で6、7人振ってますが誰も上げてません。

早々と諦めモード、腰も痛くなってきましたから護岸に腰掛けてしばし休憩、(~_~;)


茶津崎は、海岸に突き出したような岬を形成していて西側はキャンプ場になっています。
東側が今回入釣した場所で、大岸漁港まで長いサーフを形成しています。

岬の台上には「カムイチャシ史跡公園」があり遊歩道や東屋が整備されていて噴火湾を一望できます。
カムイチャシとはアイヌ語で「神の砦」という意味で、岬の先端には先住民族が築いた蝦夷式砦の貴重な遺跡が原型のまま残されています。
国道から離れた場所にありますから隠れた観光スポットですね。^_^

ふう、もうちょっと振ってみてダメなら早めにあがろうか・・・
その後はサーフをランガンしながら1時間ほど頑張りましたが、残念ノーバイトで終了です。

もうヒラメも終わりなのかな、
釣れなくてもいいんです、この時間が楽しいんです。^_^


帰宅後、使ったルアーを塩抜きして陰干し。
次にこのルアーを使うのはいつになることやら、f^_^;



↓このヒラメを触ると貴方は爆釣かも、(^_^;)
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

AKAMIMI's diary - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


北海道釣行記ランキング

TEMUで釣具を買ってみた2

中国のECショッピングサイトTEMU(テム)、で格安の釣具を買ってみたシリーズの第2段です。

今回は釣具というよりこの季節に釣りで使うものといった方が正確な表現かな、(^_^;)

まずは、今の時期の夜釣りでは必携の虫除けグッズです。

【蚊よけマット加熱器】 ¥1,985

蚊取りマットを2枚挿入するタイプのアウトドア用のマット加熱器です。
9㎡の範囲で14時間使え、5,000mAhのモバイルバッテリーとしても使えるようです。

じつは既に似たような蚊除けマット加熱器を持っているのですが、こちらはけっこう高額です。

FLEXTAILGEAER 蚊よけマット加熱器(Amazon価格 ¥6,480)

今回は価格の安いこの商品が使えるものなのか試しに買ってみました。
虫除けの能力はマット次第ですから、効果的温度に加熱さえされれば使えるとは思いますが、どの程度の温度で加熱されるかは、この商品は分かりません。

ちなみにFLEXTAILGEAER の場合、110℃と165℃の2モードがありますが、今回購入した商品は切り替えのない1モードです。

バッテリー容量(5,000mAh)と使用可能時間から計算すると100℃程度の低温加熱と思いますが、f^_^;
また、マット挿入口が大きめのためゴムなどで固定しないとマットが簡単に落ちてしまいます。

蚊取りとしての効果は、使ってみなければわかりませんが、FLEXTAILGEAERには及ばない感じです、(^_^;)


梅雨のない北海道と言われていますが、最近はぐずついた天気が続いています。
次に紹介するのは急な雨の時に役立つ雨具、ポンチョです。

【レインポンチョ】 ¥859

ポンチョを釣りで使っている人は、ほとんどいないと思います。
でもダイワでは、スリムタイプのポンチョを販売してますから需要はあるのかな、σ(^_^;)

動きにくいので竿を扱うには不向きなポンチョですが、釣り場への移動間、急な雨の時など脱ぎ着が楽で軽量でコンパクトに携帯できる利点があります。

通気性が良いので蒸れないのも良いところ、山で仕事をしている頃、急な雨の時などポンチョには随分助けられました。
場所をとらないので緊急用として、バッグの中に忍ばせておくと良いかもしれません。^_^

ちなみに素材はポリエステル100%
低価格帯の雨具で使われる一般的な素材です。(高額なものはナイロン素材)

値段を考えると、これはこれでアリかなって商品です。^_^


次は雨具に関連した商品、レインウェアーのパンツのズリ下がり防止用のサスペンダー

【インジブルサスペンダー】 ¥502

↑今回TEMU購入したサスペンダー
↓今使っているDAIWAサスペンダー DA-9502

海で使うので留め具など金属製以外の背中Y字型(3点留め)のサスペンダーを探して見つけたのがこの商品です。

DAIWAサスペンダーとの比較(Amazon価格¥2,983)
・TEMU 幅3.8㎝、最長110㎝
・DAIWA 幅4.0㎝、最長100㎝
と、ほぼ同等です。

TEMUの方はゴムの目が荒く弾性が弱く感じますが、これは値段相応といった感じでしょうか、(^^;;


なんか、釣りの道具というより登山グッズの紹介みたいになっちゃいましたね。f^_^;



↓このTシャツを触るとアカミミが喜びます。^_^
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

AKAMIMI's diary - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


北海道釣行記ランキング

噴火湾にヒラメを釣りに行ってみた

2024年7月3日

今年の噴火湾方面、ヒラメが良い感じで釣れてますね。アタリ年なのかな・・^_^

9年前にヒラメを狂ったように追いかけた時期があったけど、以降熱が冷めてヒラメ釣も随分ご無沙汰です。(^_^;)

釣れてるならちょっと様子を見てこようかな、ってことで豊浦方面に・・・

豊浦大岸に到着は15時頃、今にも雨が降りそうな天気ですが、とりあえずポイントを見て回ります。
◯茶津崎東側サーフ

◯大岸キャンプ場サーフ

◯文芸碑公園前サーフ

◯礼文華海辺公園前サーフ

土日ならヒラメ狙いのアングラーが立ち並ぶサーフですが、平日のこの時間は閑散としてます。(^^;;

夕マズメの時間帯を狙ってこの辺りで竿を振ってみても良かったのですが、気になる場所がありましたので様子を見に行きます。

到着すると、複数名のアングラーがヒラメ狙いで竿を振ってました。
見ていると大きなヒラメが上がった様子、これは期待できそうと判断して此処に入ることにします。申し訳ありません場所は非公開です、(^_^;)

釣り人が集中している場所から、ちょっと離れた場所に店開き、

あれ?リール間違えて持ってきた、(~_~;)

エギング用のリールを間違えて持ってきてます。
PE0.6、ショックリーダーナイロン1号、これでヒラメは厳しいか、😥

今更リールを取りに帰るわけにもいかないので、これでやってみましょう。

17時からスタート、30分ほど振ってたらゴンゴンと・・・

えっ、ヒラメ来ちゃいました、。f^_^;
40ちょいか、そのまま抜き上げようとしたらラインブレイク、>_<

エギング用のラインでは、抜き上げるのは無理でした。f^_^;

陽が落ちてからは一等地と思しき場所に移動、ここで朝マズメに狙ってみます。
朝まで待つのも退屈なので、ちょっと投げ釣りを、σ(^_^;)

1本だけ投げてみます。アナゴでも釣れないかな、って思ってたらいきなり竿尻が上がり竿が海に引きづり込まれそうになります。
これはめちゃ重い、なかなか浮いて来ません。
タコでもついたかと思ったらこの方、

“Hey”笑顔が素敵なメーター級のエイ、(~_~;)
北海道ではカスベと呼ばれる食用とされるエイですが、この大きさはさすがに持ち帰れませんね。
昔、カスベを釣りに遠別まで行ったことがあったなぁ。と、エイを見ながら過去を偲びます。

その後も投げ釣りでは珍客が続きます。

これまた大きなワタリガニ、(^_^;)

ワタリガニって水面を泳ぐんですね。
海面を見てたらかなりの数のカニが泳いでいました。

その後も、



アナゴは60オーバーのまずまずの型でした。

今回投げ竿1本だけ、お遊びで竿を出したんですが、なかなか面白い釣りでした。
お隣で同じように夜投げ釣り、朝ヒラメの釣り師の方は、北海道の釣りでは名のあるYouTuberの方でした。(^_^;)
エイを掛けた時のタモ入れ、ありがとうございました。


さてさて肝心のヒラメ釣りの方ですが、
夜明け直前の頃から、ヒラメ狙いのアングラーが集まってきて満員御礼
わたしも真剣に竿を振り続けましたが、結果は坊主。
いかんせんエギングのラインでは強度が不安でおもいッきり竿を振れない、(ー ー;)

周りでは、3〜4枚上がっていましたが前日の夕マズメの時間帯の方が釣れていた印象です。

陽射しが強くなってきた8時には早々と釣り場を後にしました。



↓このヒラメを触ると貴方は爆釣かも、(^_^;)
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

AKAMIMI's diary - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


北海道釣行記ランキング